ご訪問ありがとうございます?

今日は町の生涯学習センターで行われる1才児・2才児の親子リトミック教室のアシスタントのお仕事です。

半年で8回ほどのコースなのですが、そこでの子どもの成長というものは眼を見張るものがあります。

はじめは歩くのもおぼつかない、言葉の意味もよくわからない子どもたちが半年、後期まで通ってくれて一年が経つ頃にはもう立派な1人の人間として成長しています。

その可愛い子ども達の成長を間近で見れるというのはなんと幸せな事なのだろうと日々感謝しています。

リトミックを学ぶと、集中力、リズム感、表現力、即時反応能力、コミュニケーション能力などがつき、心と身体のバランスが整っていきます。

また、小さいうちは親子で参加することによって普段見られない子どもの様子や成長を感じ取ることができます。

私の住む壬生町ではこのように町の事業として小さい頃からリトミックを知り、触れる事ができる機会というものがあり、とても恵まれているなと思っています。

ただ、1才、2才でやったからといってそれで終わりではなく、継続していくことによってそこで得た能力をレベルアップさせ、使いこなせるようになっていくので是非その先も続けていってほしいなと願っています。

私の娘達もこの教室にお世話になりましたが、リトミックをやっていて目に見えて「こんな事ができます」「こんな資格が取れます」という結果はついてきません。

ただ私は個人的に、リトミックは、子ども達の持っている潜在的な能力を引き出し、人生をより豊かに、円滑に生きていく能力というものが備わっていくものなのではないかと思っています。

少子化、核家族が多い世の中でリトミックで沢山の人と接し、様々な方と(同世代、他の子の親、祖父母、先生、施設の方など)コミュニケーションを築くというだけでも得るものは沢山あります。

リトミックを通して音楽的素地はもちろん、協調性、社会性を身につけていきませんか?

そして、今日の教室ではお雛様を作るそうです!

季節感、日本の伝統も学んでいくこともできますね♪