ご訪問ありがとうございます?

先日のレッスンの出来事。

小学1年生のHちゃん。

音楽記号の「タイ」を抜かして弾いていたので質問しました。

 

私:「この記号はなあに⁇」

 

しばらく考えたHちゃん。

 

H:「ん〜。スラー!」

 

私:「残念!似てるけどこの記号は同じ音についてるよ。同じ高さの音符が手をつないでるね。これなんだったっけ⁇」

 

H:「う〜ん。忘れちゃった。」

 

私:「これは、タ…」(Hちゃんが続きを言えるか様子を見ながら待ちます)

 

するとHちゃん、自信満々に

 

H:「タコ!」

 

 

 

???

 

レッスンを後ろで見ていたお母さんと大爆笑でした!

 

はじめはキョトンとしていたHちゃん、私が「おしい?答えはタイでした!」と言うと一緒に大笑い。

 

答えは間違えたけど、これから先タイを見るたびにこの事を思い出して間違える事は無くなるでしょう!

 

このように、人に言われて覚えるより自分で考えて、自分の言葉で間違えるとその先の記憶にも差が出てきます。

正しかったら自分の記憶の確認にもなるし、間違えたら修正していけばいいのです。

楽しく間違えて、楽しく覚えていきましょう♪