ご訪問ありがとうございます?

先月開催した発表会の写真が出来上がってきました。

発表会は日頃の練習の成果を発表する場でありますが、それと同時に本番で結果を出すための練習の場でもあります。

本番で失敗しないに越した事はないのですが、どんなに入念に準備していたとしても本番でうまくいかない事はあります。でも、その失敗を最小限に抑える、失敗してもその後切り替えて失敗を引きずらずに最後までやり切るなどという力は本番の経験によって得られるものです。

まず、本番を迎えた時に自分がどのような状態になるのか知るためには本番を経験するしかありません。

本番での自分の傾向を知り、対策を立て繰り返し練習する事によって失敗を最小限に抑える事ができます。そして、何かアクシデントがあってもパニックになる事なく瞬時に自分に出来ることを見極めるという集中力を身につけます。

また、期限通りに仕上げる過程で逆算する力、責任感も身につけていきます。

これらを沢山経験すると、日頃の練習がいかに自分にとっての安心材料になるか、根拠のない自信がいかに無力であるかを身をもって知る事になります。

ピアノを通してこれらを学んだ子達は近い将来訪れる本番(受験や就職試験など)を自分にとってベストな状態で臨むことができるのです。