ご訪問ありがとうございます?

今頃になって我が家の藤が咲きました。

各地での豪雨被害のニュースが連日報道されています。

被害を受けた方のインタビューを聞くと皆さんがよく答えているのが「まさか自分の家が被害に遭うとは思わなかった」という言葉。

そのニュースを見ながらやはり日頃の備えは必要だなと思い、家族でいざという時の備えや避難の仕方をもう一度よく話し合う事にしました。

そこで長女が一番に口にしたのが愛犬?ももの避難場所。

ペットの避難に関してはトラブルの元になってしまうこともあるので慎重に考えなければいけません。

二女は家族がバラバラだった時の避難場所。

これも共通認識を持つことが大切ですね。

主人が口にしたのは飲み水の確保。

ペットボトルだけでなく、ストローの浄水器を備えておこうと話し合いました。

そして私が真っ先に思い浮かんだのが「ピアノはどうなってしまうの〜?」でした(笑)

もしも浸水被害などがあればピアノの被害は免れません。

調べてみると鍵盤の棚板より下までの浸水なら何とかその後も使えるとの事。

もうこうなると運に任せる他ないですね?

ついつい日常の中で忘れてしまいがちですが、このような事がいつ誰の身に起こるかわからないという事を認識して備えておこうと改めて感じました。

なかなかボランティアとして被災地に出向くことはできませんが支援物資など出来る事から取り組んでいこうと思っています。

被災地の方々の1日も早い復旧をお祈りいたします。