ご訪問ありがとうございます?

昨日は吹奏楽部に所属していた長女の部活動最後の演奏会でした。

 

パーカッション担当の長女。

最後の合同演奏ではティンパニを叩き、ソロも堂々と演奏してくれました。

親の私が言うのも何ですが、本当にかっこよかった?

ここまで約2年半、いろいろな事がありましたがよく頑張ってここまでやってきたと思います。

吹奏楽部は引退が遅いから受験が不安…などと言う言葉も聞きますが、ここまで頑張れる強い精神、養ってきた集中力を持ってすれば受験は乗り越えられるはずだと確信しています。

ここまでの道のりを糧に残りの中学校生活を駆け抜けていってほしいと思います。

 

さて、昨日の帰り道での二女の一言。

「引退って嬉しい事なの?それとも悲しい事?」

考えた事なかった?

親としては子どもの演奏をもう見れないのは寂しいことですが、当の本人にしてみればまだまだこれから先の未来を見据えているわけですから、次に向かって希望に燃えて引退なんて寂しいものでも何でもないかもしれません。

捉え方一つで引退も意味が変わってくるんですね。

ここまでたくさんの新しい世界を見せてくれた子ども達。

まだまだこれからも沢山の世界を見せてくれることと思います。

その中には楽しいことばかりではなく辛いことや悲しいこともあると思います。

そんな時は親として全力でサポートしつつ、全ての事を一緒に喜び、悲しみ、そして楽しんでいきたいと思います♪